◎大学生起業家からの相談

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎大学生起業家からの相談

◎大学生起業家からの相談

 知り合いの司法書士さんから

   学生起業家から「ビジネスモデル特許」について相談されたが、
   私には手に負えないので、お願いします

という趣旨の連絡がありました。

 さて、こうした「ビジネスモデル特許うんぬん」の連絡は、
「個人発明家」よりは少ないのですが、
それでも、年に何度か、直接または間接的な問い合わせを頂きます。

 間接的な問い合わせの場合、相手がどの程度の予備知識があるのか、
ということが判りかねるので、どこから説明して良いのか窮します。
 また、仲介者(この場合には司法書士さん)が入ると、
上手に伝わるかどうか、という不安も残ります。

 最近の私は、10枚前後のスライドを作成し、
PDFファイルにして、仲介者さんへお送りします。
(直接の問い合わせの場合には、相談者へ直接ですね)

   こうした場合、自由配布はダメですよ、と釘を刺します。
   ケチな考えではなく、スライドは言葉が少ないので、誤解を生じやすい。
   そういう誤解を恐れてのことです。

 なお、こうした資料をお送りしても、その後、何らの連絡も無い、
ということは、少なくありません。
 以前だと、連絡も無いことに対して

   せっかくスライドを創ってあげたのに

と、カリカリしたのですが(少なくない時間がかかりますから)、最近では、

   世の中、そんなもんだよな

と思う(思える)ようになりました。

 直接であれ、間接であれ、
資料を受け取ったことに対する感謝の気持ちも沸かない起業家
と仕事をしたって、ろくなことにならない、と思うようになったからです。
 知人達は、「労働対価のデフレを招く」と批判されていますが(笑)。

    (2014年5月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中