◎受信者多数の場合の情報発信

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎受信者多数の場合の情報発信

◎受信者多数の場合の情報発信

 受け取る人が多数となるべき情報は、次のジレンマにあります。

  a)伝わったかどうかの確認をした方がいい
  b)伝わったかどうか、確認すると、しつこいと思われがち

a),b)のどちらが良いか?
自己防衛的な気持ちが勝てば、a)となるでしょうし、
伝わらない人がいたら可哀想だ、という親切心が上回れば、b)となるでしょう。

 しかし、そもそも、受け取る人が多数となるべき情報がa),b)のジレンマにある、
という自覚無しに、a)で落ち着いていることは、少なくないかもしれません。

 では、次の理屈はどうでしょうか?

 ウェブやSNSは、受信者が積極的にアクションを起こしているので、
発信した情報は伝わりやすい。
 それと比較すると、メールマガジンは、自動的に受ける分、
見逃される確率は高い。

 理屈としては、きっと間違っていないでしょう。
 しかし(残念ながら)、たとえば、
   感度の高い人にだけ伝われば良いという情報だから
   ウェブやSNSだけに発信しておけば良い
という態度では、
   なんで伝えてくれなかったのか、となじられたり
   (私が期待していたほど)親切ではなかった、と距離を置かれるようになったり、
という事態を招いてしまうようです。 
 が、

   有益(と思われる)情報を発信してあげているのに・・・
  (受信者は)ただで(労力かけずに)良い情報を入手しても感謝も無いのか!

とイチイチ哀しくなっていては、やっていられないのです。

     (2014年5月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中