◎タフネゴシエータの難敵

Top >  パテント交渉学 >  ◎タフネゴシエータの難敵

◎タフネゴシエータの難敵

 知財ライセンス交渉の達人M氏を交えて一杯やる機会がありました。
M氏は、技術的ノウハウを他社へライセンスする仕事を数多く手掛けられ、
多くの関係者から「タフネゴシエータ」と呼ばれています。
 その彼が愚痴のようにこぼしたのが、

   メーカの役員さんから社外取締役になった方が、
   「ライセンス対象をなぜ特許出願しておかないのだ?」
   と詰問してくる。
   商品として出回るモノしか造ってこなかった役員さんだから
   製造プラントにおける技術を出願しては一利なし、ということを
   理解できない、してくれない・・・

という趣旨のことでした。
 私は、別の意味で感心してしまい、

   10年以上前だと、メーカの役員さんが社外取締役になられて、
   「特許云々」ということを発言されたりしなかったと想像します。
   偉くなる方々も、特許に関心を抱くようになったのですね?

と質問を投げかけてみました。 すると、意外な方向からの答えが。

   メーカの役員クラスの人は、知識だけは仕入れている。
   しかし、自分の経験とそれを補う知識を入れて「固まっている」から、
   ノウハウを出願して技術が流出しても特許権侵害を発見できない、
   といったことを、どれだけ説明しても聞く耳を持たないんだよ・・・

 タフネゴシエータとして知られているMさんの一番手強い相手は、
頭の固い身内だったんですね、と笑ってしまいました。
 Mさんには、「笑い事じゃないんだよ」と怒られてしまいましたが。

   難敵は キレる奴より 固い奴

   (2014年2月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中