◎特許の価値評価というビジネスの評価

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎特許の価値評価というビジネスの評価

◎特許の価値評価というビジネスの評価

 先細りの業界において、「特許の価値評価」をビジネスにしよう、という動きはずいぶん前からありました。
(その「ずいぶん前」という頃、私は一時的に情報収集したり勉強したりしていました)
しかし、ビジネスとして立ち上がった、という話は耳にしません。
耳にできないだけで、こっそり立ち上がっているのかもしれませんが、目立ってはいません。

 なぜか?

 簡単で安価に評価ができれば需要もあるでしょうが、簡単ではなく安価にもできないので、需要は少ない。
 需要が少ないから、経験できるチャンスもないし、人材も育たない・・・
 人材が育つと少しは簡単で安価になるか、というと、そうなりそうもない・・・

私の実感および予想は、簡単に書けば以上です。

 「簡単で安価に」を目指して知人が奮闘していましたが・・・
採算割れ、手弁当で頑張っているようです。
 しかし、結果だけ(こうした情報だけ)を入手するよりも、経過を実感している方が色々な面で強い。
これは、知人と私の共通認識です。
 だから、一度はチャレンジしてみた方がよいのです。

          (2013年8月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中