◎自分の武器を上手に使うビジネスウーマン

Top >  パテント交渉学 >  ◎自分の武器を上手に使うビジネスウーマン

◎自分の武器を上手に使うビジネスウーマン

 あるセミナーで、一人の女性プレゼンターが印象に残りました。
「自分は女性である」ということを上手に使っていたからです。

 ざわついた雰囲気の中で、わざと静かに喋り始めて会場を静め、
女性ならでは(しかし行き過ぎない)、というプレゼンテーションに入っていきました。

 彼女は、受講者の9割が男性だったということを、意識していたはずです。
女性の受講者に不快感(「女であることを使ったわね」といった反発など)を与えたか、という点は、分かりません。
しかし私には、不自然にはならず程度をわきまえている、と感じられました。

 プレゼンテーションの中身については、たまたま私には新鮮味があまりない内容だったので、
彼女のプレゼンテーションのやり方ばかりに注目してしまいました。
 まあ、残念ながら私には真似はできません。私は女性ではないので(笑)。

 色々な点が参考になったのですが、
   自分の武器を自然体で使えるようになる
という点を、コンサルティング手法や交渉術として学びたいと思いました。
 数年前なら、「女を武器にしやがって」と反発を覚えていただけではないか。
多少は成長しているかな(笑)。

   (2013年3月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中