◎「シリーズもの」に関する実務的失敗

Top >  知財実務/商標編 >  ◎「シリーズもの」に関する実務的失敗

◎「シリーズもの」に関する実務的失敗

 ある造語キーワードを核にした事業展開を計画している、という会社から

   造語キーワード+名詞A
          +名詞B
          +名詞C

という商標の調査依頼を頂きました。いわゆる「シリーズもの」です。
 私は、その会社の規模やサービス内容を勘案し、

   造語キーワードだけを出願すれば良いのではないか

と打診してみました。
 しかし、担当者は全部調べてくれ、とおっしゃいました。

 調査をして報告書を事前にお送りし、後日出願の打ち合わせに伺うと、
その担当者だけでなくその上司が同席されることになりました(嫌な予感)。

   造語キーワードだけを出願すれば良さそうですね。
   一つだけ出願してください。

ということになりました(なってしまいました)。

    (2013年3月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中