◎情報発信で鍛えられる力(1/2)

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎情報発信で鍛えられる力(1/2)

◎情報発信で鍛えられる力(1/2)

 当たり前のことなのですが(似たような内容を書いた記憶もあるのですが)、
自分の頭の整理として書いてみます。

 発信しようとした時、様々な「制約」に気付きます。その「制約」とは、

   著作権法に基づいて考えた場合に他人の権利を侵害しないか?

といった法律的な知識、

   他人の誹謗中傷にならないか?

といった倫理的な観点、

   客観的な事実と自分の主観とがどうなっているのか

といった情報としての質の観点、・・・さまざまあります。

 こうした「制約」を「面倒である」と考えれば、発信することはできないか、
発信して非難を浴びるか、となります。
 面倒、あるいは非難を浴びたくない、という消極的な姿勢になれば、
自分の安全は、ひとまず確保されます。
 インターネット上では、「ROM」(読むだけのヒト)が多くなります。

 これだけ考えてみても、発信するということは「簡単ではない」のです。
発信しようとしたが、様々な観点を考慮して発信を取りやめる、
という情報は、少なくありません。
 そして、そうした「ボツ」となった情報が溜まっていきます。

 その「ボツ情報」は、リアルなコミュニケーションの中でしか得ることはできません。
しかし、「役に立つ情報」の多くは、そうした「ボツ情報」の中にあるので、
ボツ情報を蓄積していくことも、『情報発信で鍛えられる力』です。

 なぜ、そう言い切れるのか。
このブログの記事を読んでくださっている方とお会いし、彼からの質問を含む雑談した時に、
「書けなかったこと(ボツにした内容)こそ、その方が欲する情報だった。」
と実感したからです。

   (2012年12月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中