◎正当な主張のゆくえ

Top >  フィクション >  ◎正当な主張のゆくえ

◎正当な主張のゆくえ

 俺は、プロのイラストレータ。ある地方自治体からの依頼で、「ゆるキャラ」を依頼された。
同業者には、法律や契約がからきしダメというのが多いが、
私は法律や契約、著作権法にも詳しい、珍しいイラストレータである。

 依頼された「ゆるキャラ」は、猫をモチーフにして地名と合わせた「かなニャーゴ」。
ネーミングもばっちりだ。
 だが、地方自治体の担当者という連中は、著作権法を全く分かっていない。
 俺が描いた「かなニャーゴ」のしっぽを、断りもなく二倍以上の長さにしたり、
ひげの色を変更してしまった。
 俺が納品したポーズは3種類。
ぬいぐるみやキャラクターグッズも、この3種類に限る、という契約だったのに、
俺が知るだけで12種類も出回っている。。。

 同一性保持権については、契約書に条項がなかったのだから、
俺に断り無く改変するのは、契約違反である。

 現在の日本、地方の自治体が自ら稼いでいくには、「ゆるキャラ」は非常に重要だ。
「ゆるキャラ」だけではない。著作権法に関する知識は、絶対に必要である。
地方自治体が著作権法や知的財産に対してもっと関心を持つため、
いわば、世のため人のために、裁判を起こそう。
 そうすれば、気付いてくれるくれる公務員もいるだろう。
イラストレータの地位も向上するはずだ。
 世の中を目覚めさせ、正しく導くための手段なのだ・・・

 しかし、提訴したら、

   アイツ(俺のこと)、イラストレータとしての腕はいいけれど、
   何かと面倒を起こすから、アイツに仕事を出すのは躊躇する、、、

ってなことになるだろうな。
 今後、全く仕事が来なくなったらどうしたものか。。。
 見えないリスクと俺が戦っていることを、はたして誰が知っているというのか?!

     (2012年11月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中