◎相手のスピード感に合わせる努力(だけが重要か)

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎相手のスピード感に合わせる努力(だけが重要か)

◎相手のスピード感に合わせる努力(だけが重要か)

 特許出願を初めて経験する、という企業での、打ち合わせ場面でのことです。

   出願準備、だいたいどれくらいかかりますか?

と質問されたので、

   標準的には、3~4週間ほどですが・・・

と返答しました。
 返答直後の反応を鋭く感じ取ることが重要、ということは経験的に分かっています。
そのときの反応は、

   えっ、そんなにかかるの?

というものだったので、ご希望のスケジュールをお聞きしました。

   今週中では無理ですか? プレス発表の予定が迫っているので・・・

とのお答えに、「何とかします」という答えが求められているかどうか・・・

 サービス業とは何か、私がお金を頂ける根拠は何か、・・・
そんなことを考えさせられる場面です。
そうした場面は、振り返って反省し、次に活かすようにしています。

     (2012年10月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中