◎パソコンの使い方指導の体験

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎パソコンの使い方指導の体験

◎パソコンの使い方指導の体験

70代後半になった父に、パソコンを教える機会がありました。
 パソコンのスイッチを入れ、
デジタルカメラにて撮影した画像データを、パソコンの画面で閲覧する、
ということができるようになるまで、夜に約2時間を掛けました。

 翌朝、もう一度やってみよう、ということになり、
父は、細かな手順を、自分なりの言葉でメモしながら、操作を進めていきました。

 「アイコン」、「ダブルクリック」、など、話を進めるのに必要な用語までも
メモしていく父の姿を見て、

   何気なく使ってしまっていた用語がたくさんあり、
   そのひとつひとつの用語や概念を理解しているかどうかの確認が
   易しく説明することがどれほど難しいか

ということを、改めて思いました。

 教える側に求められる心構えとして「根気強く」というキーワードがあります。
「根気強く」を言い換えると、「相手の立場で」なのでしょう。
 「相手の立場」を想像するには、自分に時間的精神的な焦りがない、ということが重要でした。

   今日は泊まり込みで!

と決めてしまうと、私の中の時間的精神的な焦りがなくなりました。
結果として、父の知識を定着させることにもつながったのではないか、と思います。

     (2012年8月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中