◎知識と組織における立場

Top >  知的財産の勉強法 >  ◎知識と組織における立場

◎知識と組織における立場

著作権に関するある事件報道に関して、議論しました。
その事件報道とは、

   数十年前の地震および津波を体験した当時の小学生の作文集を、
   行政が出版準備をしたが、
   著作権法上のリスクを弁護士が指摘し、前に進まなくなった

というのが概要です。

私;
 リスクは確かにゼロではない。
しかし、リスクを引き受けてでも、公のためになると信じる仕事をする
「リーダ」の覚悟や決断が必要なのではないか?!

K氏;
  Legalの私としては、彼らと同様の判断をするでしょう。
しかし、心情的には的場さんのおっしゃるとおりと思います。
(K氏は、メーカの法務知財部に長く在籍されていました)

 短いやりとりでしたが、
求められる判断力は、立場や現場の状況によって異なる
ということに気づかされました。

   (2012年8月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中