◎自分の時間給を意識させる経営者(2/2)

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎自分の時間給を意識させる経営者(2/2)

◎自分の時間給を意識させる経営者(2/2)

 インターネットにおける「弁理士」というキーワード検索をするヒトのうち、
「弁理士×年収」や「弁理士×給与」といったかけ算をする方は少なくないようです。
 そうした検索しているヒトは、「弁理士」を目指す人のほか、依頼する弁理士を探す人などでしょうか。

 仮に「弁理士×時間給」といったキーワード検索をしたら、
前のコラム=自分の時間給を意識させる経営者(1/2)がヒットするかもしれません。
ヒットした後に記事を読んでくれたとしても、
前段部分だけで 「弁理士のタイムチャージは2万円なのか!」と、早合点してしまうな、
と心配になったりします。
(インターネットユーザは、「じっくり読む」ということが少ないから)
 更に、弁理士に対する世論が、こうした『あまりよく知らない人たち』が形成してしまうのでは?とか。

 ここまで考えるのは、心配しすぎでしょうか?
たぶん、そうなのでしょうね。

     (2012年5月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中