◎手切れ金でしょうかね

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎手切れ金でしょうかね

◎手切れ金でしょうかね

4年ほど前に一度、特許の仕事を依頼され、その後の先方の事情変更なのか、
全く連絡が来なくなって、もう忘れていた・・・
 そんな会社の社長さんから突然電話があり、翌日の訪問を受けました。

 夜20時頃になってしまいます、とのことだったので、お待ちしていましたが、
渋滞に巻き込まれた、と30分以上遅れていらっしゃいました(苦笑)。

   今度は間違いなく出願をお願いします

とのことで、打ち合わせを終え、

   週明けにサンプルができるので、また夜になりますがお持ちします

とのことだったのですが、当日の20時を過ぎても電話一本こない。
 電話くらい下さってもいいのにと思いつつ、その会社に電話をすると、
社長ではないが同年代くらいの男性が電話に出て、社長は不在だと。
携帯電話の番号を教えて欲しいとお願いしても断られたので、
「電話があったことをお伝え下さい。」と伝言し、この日は帰宅。

 翌日の夕方、打ち合わせから戻って5分もしないうちに、呼び鈴が鳴り、
出てみると、その社長!
(事務所に戻る時刻を知っているはずがないので、どこかで待っていたのでしょうか(恐))

   ご迷惑をおかけしました。出願はしないことにしました。
   ご相談料をお持ちしましたので・・・

 相談料を頂きます、とこちらから申し出たわけではありませんでしたから、
私は唖然として言葉も出ませんでしたが、「領収書を下さい。」と言われるので、
何も考えないようにして、領収書を切りました。

 でも、しばらくして4年前の件を思い出したら、

   http://www.ip-blog.net/2008/08/post_558.html

受け取った金額(前回と今回の分でコレだけ?)に腹が立ってきました(笑)。

      (2012年5月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中