◎先駆的な試みに対するリスペクト

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎先駆的な試みに対するリスペクト

◎先駆的な試みに対するリスペクト

 弁理士会のある委員会に参加したところ、

   先駆的な試みで一定の成果を上げた弁理士さんと
   彼の行動をスタンドプレイであるとして管理しようとした弁理士会のある委員会とが
   険悪なムードになる場面があった

、ということが議題となりました。

   その弁理士さんに対して、その先駆的な試みに対する敬意が足りずにしたとすれば、
   その弁理士さんがヘソを曲げてしまっても当然だと思います

、と私は発言しました。

 先駆的な試みには、非常に多くの時間を投資しなければなりません。
もちろん、時間に伴って多くのコストも掛かっているはずです。
自己責任とはいえ、そうしたリスクを一人で背負って試みていたわけです。
そのリスクを乗り越えて得た成果を、リスペクトすることなく管理しよう、
というのは、大変失礼な話!
 私には、そう聞こえたからです。

    (2012年4月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中