◎業界用語たる「出所」

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎業界用語たる「出所」

◎業界用語たる「出所」

 特許事務所の所員が、仕事のために事務所へ姿を現すことを、「出所」する、と言います。
会社員の皆様は、「出社」という言葉を使うと思いますが、会社ではなく「事務所」だから
「出所」と言うのでしょうね。

 さて、「出所」広辞苑を引いてみると、

  a)(「出処」と書いて)出て仕えることと退いて野に出ること。
  b)事の起こった所。出どころ
  c)生まれたところ。出生地、生まれた境遇。
  d)刑を終わって刑務所から出ること。出獄。

とありますが、
「特許事務所の所員が、仕事のために事務所へ姿を現す」という意味はありませんでした。

 以前勤務していた特許事務所で、地下鉄の駅で同僚と以下のような会話を交わしたことがあります。

  私 ;「今日、ボスの出所は?」
  同僚;「11時に出所だそうです。」
  私 ;「出所されたら、どこへ行かれるんでしたっけ?」
  同僚;「事務所に寄ってから裁判所。」
  私 ;「えっ、また?」

この会話が聞こえた周りの方には、「出所」はd)の意味に、
「事務所」とは怪しげな事務所に聞こえたのではないか、
(所長のことを「ボス」と呼んでいたのも悪いのですが)
と、その同僚と後で大笑いしたことがあります。

 辞書に掲載されていない言葉を仕事で使う場合には、気をつけましょう!

     (2012年3月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中