◎著作権法は学びにくい

Top >  知的財産の勉強法 >  ◎著作権法は学びにくい

◎著作権法は学びにくい

 知的財産法の中では、産業財産権(特許、商標等)から学んできた方にとって、

   著作権法は学びにくい

という声を良く聞きます。自分自身がそうでしたから、実感としてよく分かります。
 いくつかの現場の声がありますので、挙げてみます。

   「文化の発展」を法目的としているのに、なぜコンピュータプログラムが著作物なのか

   何が著作物なのか、がよく分からない。
   (誰が決めるのか、は最終的に裁判所だと言うけれど・・・)

   自分や自社が著作権者である、という実感を持てない

 私の場合、著作権法に対する理解が深まったと思えるようになったのは、
自分の著作物を世に出すようになってからです。
最初は、日経ベンチャーという月刊誌に投稿したコラムでした。

 どこまでが自分のオリジナルなのか、引用とは何か、と考えたり、
自分のコラムのページをコピーして配布しようと思った時に、「大丈夫か?」と考えたり・・・

 こうした繰り返しによって、だんだんと「使える」ようになってきたような気がします。

        (2012年1月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中