◎思考の瞬発力

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎思考の瞬発力

◎思考の瞬発力

 瞬時に必要事項を、ほぼ漏れなく列挙できるビジネスマンの仕事ぶりを見るたびに

   瞬発力がある人は羨ましい

と思っていました。

 さて、瞬発力を発揮した際に、漏れていた検討事項があったらどうするのか?
そうした批判的な見方もできます。
 瞬発力に欠けていると(嫉妬心からでなくても)、つい批判的な見方をしてしまいます。

 では、じっくり検討した結果として漏れた事項が出てきたとすれば、どうするのか。
その漏れた事項が発生する確率を無視できるかどうか?

 確率との関係で無視できない事項が発見できれば、発見者の存在は意義あるでしょう。
ただし、発見者が自分の存在意義を主張するために、その発生率を高めに見積もるかもしれない。

 一方の瞬発力を発揮した人は、漏れた事項の指摘によって学習機会を得ます。
しかし、瞬発的に列挙する際、発生確率が低いと、既に判断していたのかもしれないし、
指摘を受けてなお、その発生確率が低かったから無視したのだ、と言い張るかもしれない。

 瞬発力のある人を「羨ましい」とだけ見ていた頃より、
今の方が「人間」に関する深読みができるようになっているかな・・・
 
     (2011年9月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中