◎サラリーマン感覚からの脱却

Top >  知財実務/商標編 >  ◎サラリーマン感覚からの脱却

◎サラリーマン感覚からの脱却

 起業されたばかりの社長さんが、商標についての相談に見えました。
 彼は、ある有名企業で商品開発やネーミングを担当してきたことがある、
とのことだったのですが、途中からどうも話が噛み合わなくなりました。

   ネーミングと「商標」とは別物なのですけど・・・

と切り出すと、驚かれました。 やっぱり誤解していたか。

 一通り、「商標」とネーミングとが異なることを説明すると、彼は、

   企業の中にいると、こうした正しい知識を知らなくても、
   この場合には、知財部の商標担当者がフォローしてくれるし、
   (商標とネーミングの区別も付かないままの)私の今までの仕事も、
   彼らがフォローしてもらっていたことが(今更ながら)分かった。

という趣旨のことを仰いました。 そして、

   起業した今、そうした正しい知識を自ら持たなくてはやっていけないのですね
   サラリーマン感覚から脱却しなければならないですね

と、仰いました。

 サラリーマンを辞めて起業する、ということは、
こうした一つ一つのことに最終責任を負うということだったっけな、
と、少し懐かしく思いました。

    (2011年4月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中