◎広い特許が欲しい

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎広い特許が欲しい

◎広い特許が欲しい

 拒絶理由通知への対応を話し合うために、発明者に会いに行きました。
 引用文献との相違点を強調したいが故に、ある修飾語を入れることを提案した補正案を提示したところ、
発明者さんは、

   それでは特許が狭くなってしまう

と心配され、その修飾語無しで何とかして欲しい、と仰います。

   1)それでは厳しい、と反論する
   2)そのようにします、と受け入れる

のどちらで行こうか、と考えていたのですが、
ふと、その発明者さんの笑顔を見て冷静になりました。

   こういう手はどうですか?

 第三の選択肢を思いつくことができ、それで補正案は決着しました。

   発明者さんが笑顔で仕事をすること
   仕事の成果を出したときに笑顔でいられること

 そういうことを実現するために、自分のような立場の職業があるのだ、
なんて、ちょっとだけカッコいい言葉が浮かんできました。

   (2010年12月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中