◎返事を待つということ

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎返事を待つということ

◎返事を待つということ

 先方の返事を待たなければ、前に進んでも無駄になる可能性がある、
ということは、いくつもあります。

 しかし、先方としても、返事を出すための選択肢が提示されないと、
自身では判断ができない、ということもあるでしょう。

 双方のギャップをどのように埋めるのか?
コミュニケーションしかありません。
 しかし、そのコミュニケーションを取る時間が惜しい(または面倒)、
と一方(または双方)が思っていたら、ギャップは埋まらないまま・・・

 ろくな結果になりません。
そういう結果が予想できるにもかかわらず、面倒と思ってしまうのは、
お互いの人間関係ができていないか、疎遠になっているからなのです。
(「そこまで分かっていてもできないのか」という内なる声が聞こえてきました。)

   (2010年11月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中