◎科目毎の判定結果が悪くなかったとしても

Top >  弁理士試験 >  ◎科目毎の判定結果が悪くなかったとしても

◎科目毎の判定結果が悪くなかったとしても

論文試験を受けた後の判定で、

   意匠商標 のみが「C」

だったとします。
すると、意匠商標 を強化すれば、次年度に合格できるのでしょうか?

 そう考えるのは、危険です。

 他の科目については、

  幸運にも、自分が「A」判定を貰える問題が出題されたに過ぎない

という慎重な解釈をすべきです。

 インターンとして身近にいた受験生K君に対して、この趣旨の話は
一昨年は何度か言い聞かせたつもりだったのですが、
昨年の論文試験でも不合格でした。
(K君は本年、論文試験を突破しました・・・祝!)

 悪かった、という結果を突き付けられた科目については、
謙虚に反省できるのですが、
 「たまたま良かった」のかもしれない科目については、
そういう反省は難しいものなのでしょう。

 試験は自分との闘い、と良く聞く台詞ですが、
謙虚な反省をできない自分との闘い、ということも、
この短い台詞の意味に入っている、と私は考えるのです。

   (2010年10月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中