◎不慣れな仕事

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎不慣れな仕事

◎不慣れな仕事

 銀行である契約手続きをした際のことです。
 私の手続き担当者が不慣れで、何度も間違った指示をされました。
その結果、契約書類が訂正印だらけ。

 何度目かの訂正印にさすがにイライラして、それが私の態度に出ました。
と、隣にいた銀行員がすぐに、その担当者に割って入りました。
 そして、割って入った彼が更なる不備を見つけて詫びつつ、追加の訂正印を押すことになりました。
 しかし、担当者が代わってからはささっと手続きが進み、私のイライラも収まっていました。

 不慣れな仕事を部下に担当させる際、どうしたらいいのか、悪い例として記憶に残りました。

    (2010年8月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中