◎述べるチャンスと立場と伝え方

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎述べるチャンスと立場と伝え方

◎述べるチャンスと立場と伝え方

 セミナーにて、

  そんなこと、当たり前だよ

と感じることに、自分以外の方々が共感したり感激したりする姿を横目で見ると、
なぜか悔しい気持ちがこみ上げてきます。
 その悔しさは、「自分の方が先に考えていた、既に(コラムやブログで)書いたり発表していたのに・・・」
と思う気持ちです。

 しかし、そのセミナー講師は、
述べるチャンスを得た(自分はそのチャンスを得られなかった)のです。

 あるいは、述べて伝えることができる立場を得た(自分はその立場にはなれなかった)ということです。
あるいは、述べた表現力が多くの人に受け入れられるに適切だったのです。

 素直に「参りました」と負けを認めましょう。

   (2010年8月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中