◎私が支払った理由

Top >  フィクション >  ◎私が支払った理由

◎私が支払った理由

 友人と、ちょっと遠いところまで呑みに行くことになりました。
さて、途中、友人がミスをして時間をロスし、私は少し不快になりました。
その不快さは、呑み始めたら忘れてしまうようなことだったのだけれど、
かなり酔った頃、そのことを思い出しました。
 そして、彼がトイレに立った隙に、その時の呑み代は、私が支払いました。

 もし彼が、さきほどのミスを思い出して、

   今日は俺が奢るよ、さっきのミスがあるからさ

となってしまっては、私は、

   そうだよな、さっきのミスの代償だよな、だからご馳走になるぜ

と思ってしまう。
そうなっては、自分が高慢な人間になってしまう。

 それに、呑み始めたら忘れてしまうレベルのことで、
せっかく楽しく呑んだことを台無しにしたくないからね・・・

   (2010年7月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中