◎善いプレッシャー

Top >  天職 >  ◎善いプレッシャー

◎善いプレッシャー

 プレッシャーやストレスは、適度に必要である、と聞きます。
 プレッシャーには善し悪しがあるのだろう、と漠然と思っていたのですが、
善いプレッシャーとは、こういうものだ、と確信したことがありました。

 2010年FIFAワールドカップの日本代表、ゲームキャプテンを務めた長谷部誠選手が、
帰国後にテレビ出演している姿を観ました。

 彼は、出身地の幼稚園、小学校、中学校などに600個のサッカーボールを贈ったとのこと。
(ワールドカップが始まる前、少なくとも日本チームの戦い前のようでした。)

 その贈られたサッカーボールを蹴る幼稚園児の姿が映し出された後で
インタビューされた長谷部誠選手は、

   自分は北澤(豪・元日本代表)さんらの活躍を目標に頑張ってきた。
   そして今、自分が目標にしてもらっても良いかもしれないと思った。

という趣旨の発言をしていました。

 ワールドカップ日本代表という大役は、長谷部選手にとっては小さくないプレッシャーだったと
想像していましたが、
 彼は、ボールを贈った子どもたちに恥ずかしくないプレーをしよう、という
善いプレッシャーを自ら作っていたのだ、となぜか確信しました。

  こんなにも素晴らしい日本代表選手。そのキャプテン!

仕事に対する前向きな心、奮い立たせる方法について、見習いたいと思いました。

   (2010年7月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中