◎社長命令とその後

Top >  知財実務/商標編 >  ◎社長命令とその後

◎社長命令とその後

 登録商標に関する問い合わせの電話が来ました。

   社長が商標登録しておけ、というので申請をお願いしたいのですが。。。

と、若い女性の声。
 話をお聞していくと、その社長様が商号と商標とをごちゃごちゃにしている様子。

   商号と商標とは全く違うモノでして、・・・

と説明を始めると、その女性は及び腰の様子。
(私の話を理解しようという気持ちは無さそう。)

 それはそうでしょう。社長命令で、「商標登録しておけ」と言われて、

  「はい、分かりました。特許事務所を探して頼んでおきます。」

で済むと思っていたのに、どうも済まないらしい、ということが分かったのですから、
動揺してしまっても仕方がありません。

 それに、私の話を聞いても、それを社長に伝えなければならない。
となると、私の話をきちんと理解しなければならないのだが、
どうも簡単では無さそうだ・・・と感じて及び腰になったのでしょう。

 メールアドレスをお聞きして、商標漫画↓↓↓を添付送信させていただきました。

   http://tool.ip-blog.net/2009/09/post_11.html

さて、その後、その会社ではどうなったことやら・・・

    (2010年6月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中