◎使える知識にするには

Top >  知的財産の勉強法 >  ◎使える知識にするには

◎使える知識にするには

 以前知り合った会社役員の方から

   ビジネスモデルについて相談がある

と電話があり、訪問を受けました。
 その方には、

   ビジネスモデルそのものが特許になることはない

ということは、かなり詳しく教えて差し上げたので、
それをご存知の上で相談があるというのだな、
と認識していました。
 しかし、話を始めて2分ほどで、全く特許の見込みがない話と判明。
以前の話を全く理解していなかったことに愕然としました。

   しつこいくらいに
   『ビジネスモデルそのものが特許になることはない』
   と申し上げていたのに・・・

 あまりにがっかりしたので、それを口にしたところと、彼は、

   的場さんもご存知のA先生(ビジネススクール教授)に相談したら、
   的場さんに相談してこい、と言われましたので・・・

と言い訳の言葉。

 専門家による専門知識、それをしっかり伝えても
信頼している人のアドバイスには敵わなかった、ということか
 それとも、彼の「正確な知識」に対するどん欲さ不足か?

   使える知識とするためには、真なる理解が必要である!

    (2010年6月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中