◎珍発明に思う

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎珍発明に思う

◎珍発明に思う

 知人が、珍発明の写真をいくつか送って下さいました。
パソコン画面の前で、声を出して笑ってしまったものがいくつもありました。

 思い出してみれば、学生時代から「珍発明」の本を買い求めたりしていたなあ。
その頃の気持ちは、単に面白がっていただけだったように思い出します。

 今は、どうか・・・

 発明者の方が、その発明に愛情を注いでいることを感じ取ったとき、
気合いが入ります。 そんなときは、

  発明の面白さを如何に文章表現するか、という点だけでなく、
  発明者の発明に対する愛情までも織り込めないだろうか・・・

などと考えます。

 いつの間にか客体(発明)のみならず、主体(発明者)にまで目が行くようになっている。
発明者の考え方や個性に触れることが楽しく、仕事における原動力になることも多い。
ふと、年月を感じました。

        (2010年4月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中