◎運動が健康によいのはなぜか?

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎運動が健康によいのはなぜか?

◎運動が健康によいのはなぜか?

 健康のためには運動が良い、というのは、誰でも知っていることですが、
なぜ運動がよいのか?
 前回の「水分補給」のお話をしてくれたお医者さんからお聞きしました。

  現代人は、食事の西洋化に伴って動物性の脂肪を多く摂取している。
  その動物は牛、豚、鶏などであり、人間よりも体温が高い(37~39℃くらい)。
  その動物の脂は、人間の体内に入ると、温度が低いためにドロドロになる。
  このドロドロをそのままにしていると、循環器系に支障を来す。
  だから、運動によって体温を上げ、ドロドロの脂をサラサラにして
  体外に排出しやすくする、というのが「運動」の目的である。
  もちろん、筋肉量の維持増加、心肺機能の鍛錬という意味もあるけれど・・・

 う~ん、そうだったのか。
食事の西洋化と運動の因果関係だったのか!

   (2010年2月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中