◎良いところを見つける

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎良いところを見つける

◎良いところを見つける

 従来技術との関係で、進歩性が厳しいかな、と思われる案件の仕事は、
新規出願や拒絶理由対応など、結構あります。
 そんなとき、私は、発明を一生懸命、褒めようと試みます。

 しかしその発明にとって、褒めてもらっても嬉しくないことにならないように、
心がけます。

  褒めてもらって嬉しいであろう特徴は、客観性のある特徴

でしょう。それは、人間も同じこと。


  客観的視点から見ていない自信は、過信に過ぎない

ということであり、発明と人間とは似ているかな、と思った次第です。

(2010年1月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中