◎試験問題の作成

Top >  弁理士試験 >  ◎試験問題の作成

◎試験問題の作成

 年末年始の休み中、大学での期末試験の問題を作成していました。

四つの枝から一つを選択させる「四択」を、20数問作成したのですが、
問題作成者の気持ちが改めて理解できました。特に、

    『メッセージ枝』を存在させる

ということの意義を感じました。

 『メッセージ枝』というのは、基本書や過去問には出てきていないが、
他の枝との関係で、ある想定に対する答え、新たな法解釈などを
伝えようというモノです。
 たとえば、
  A,B,C,Dから「誤った枝を選べ」
という出題において、普通に勉強していればCが明らかに「誤った枝」であり、
A,Bは普通に勉強していれば明らかに「正しい」と判断できる枝とします。
そして、Dという枝は、普通に勉強したくらいでは見たことがない、
という枝だとします。
 この場合、
Dは正しいのだよ、ということを学習して欲しいためのメッセージ枝なのです。

 過去問を勉強していく際に、『メッセージ枝』にぶつかることは良くあるでしょう。
しかし、『メッセージ枝』である、という認識をしないと、

   こんなコトまで分からないと合格できないのか!

とネガティブになり、細かな学習に入り込んでしまうおそれがあります。
その結果、木(枝葉末節)にとらわれ、森を見ない学習に陥ってしまいます。

 是非、気を付けていただきたいと思います。


(2010年1月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中