◎ことわりをわきまえるさむらいの試験

Top >  弁理士試験 >  ◎ことわりをわきまえるさむらいの試験

◎ことわりをわきまえるさむらいの試験

 論文試験に数百人が合格したり、口述試験で200人も落ちたり、
私の頃(最終合格者99名)とずいぶん様変わりしてしまいました。
が、

  予備校で教わった暗記事項をインプットし、
  そのインプットのアウトプットに成功すれば合格できる

という合格者が増えて欲しくはない、と思っています。

弁理士とは、漢字での意味からして

   理(ことわり)を辨(わきまえ)る士(さむらい)

なのです。


どうせ試験勉強をするなら、『理を辨える訓練』として勉強をすべし!

もちろん、私自身、『理を辨える士』であるかどうか、
ときどき、自分を振り返り、反省しています。

  (2009年12月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中