◎まず手を動かす

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎まず手を動かす

◎まず手を動かす

 経験の乏しい分野での仕事の時には、考え込んで止まってしまう時間が多いものですが、
停滞を打破するには、まず手を動かす、ということに心掛けます。
 たとえば、先行技術を調査する、調査して理解できるものから頭に入れる、
図面の下描きをしてみる、などです。

 しかし、手を動かして始めてしまった仕事は、全体を見渡す、振り返る、
ということを忘れて突っ走ってしまい、大きく方向を違えてしまうという失敗も
時にしてしまいます。
 ある程度の作業が進まないと、全体を見るには早過ぎる。
しかし、進みすぎると、後戻りや方向転換が怖くて全体を見ない。
 なぜ進みすぎるのか、というと、「分かったような気」がして、
間違っているとは思えなくなり、全体を見たくなくなるのでしょう。

 経験を積んで、こうした失敗をする確率が低くなるのは、痛い目を見るから。
しかし、たまに痛い目を見ないと、忘れた頃にやってしまう。
永い目で見て、全体としては進歩していると良いのですが、
「永い目」でみるのも、ちょっと怖いことですね。


(2009年11月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中