◎男の教室

Top >  フィクション >  ◎男の教室

◎男の教室

 彼女とのデートは、まだ2回目だった。
駅前の喧噪を抜けて、閑静な住宅街を歩いていた。
ぎこちなさから会話が途切れ、気まずい雰囲気になりかけていた。

 突然彼女が、

   ねえ、どんなことを教えてくれるのかしら、男の教室って?

重くなりかけた雰囲気を打開するために頭を巡らせていたオレは、かなり動揺した。
何を言い出すんだ? この子は・・・
オレは、周りを見渡した。
 彼女の視線の先に見えたのは、「おことの教室」(縦書き)の看板だった。

 気まずい雰囲気は打ち破られ、住宅街に二人の笑い声が響いた。


 う~ん、いい思い出だなあ。

 ところで、「おこと」と「おとこ」は外観類似なのだろうか?
名古屋に行って(http://blog.goo.ne.jp/aigipattm)、勉強してこようっと。


(2009年11月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中