◎アドバイスをすべきか否か

Top >  知財実務/商標編 >  ◎アドバイスをすべきか否か

◎アドバイスをすべきか否か

 以前、商標出願を依頼された方から商標に関する相談の電話を受けました。

   非常に単純な言葉なんだけれど、
   ワンポイントでイラストが入れば登録されますよね?

とのこと。

 イラストと組み合わされる予定の文字はたったの3文字。
しかも、その業界では好まれそうな単語です。

 以前の出願もイラストとの組み合わせによって登録に至っている、という経験から
今回のような相談(確認?)が来たのだと容易に想像できたのですが、
今回もうまくいくかどうかは、そのイラスト次第。
しかも、そのイラストは、まだ出来上がっていないとのこと。

   その3文字は、できれば避けられないでしょうか?

と喉元まで出かかりましたが、抑えました。
 彼の組織では、その3文字を選択するのに様々な調査、話し合い、
試行錯誤があったことがすぐに想像できたから。

 しかし・・・いや、止めておきましょう。
そうした調査や話し合いの前に相談して下さい、ということは
前回の依頼時にもお願いしていたのであり、
これから私が入り込むことは、良いことよりも悪いことの方が多いでしょうから。

     (2009年11月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中