◎小学生の絵の展示

Top >  知的財産の勉強法 >  ◎小学生の絵の展示

◎小学生の絵の展示

 乳製品の工場見学に行ってきました。
見学コースの壁には、地元の小学生が描いた牛や牧場の絵が展示されていました。

 工場見学そのものより、そうした絵に微笑ましいものを感じ、
「地産地消」といった言葉が頭をかすめたりして、豊かな気持ちになって帰ってきました。

 さて、帰ってきてふと考えてみました。

   △小学校 ◇年 ×川○美

といった札は、例外なく掛かっていたように記憶しています。

 工場の総務担当者あたりが、絵の著作者である小学生に展示権の許諾をもらったのだろう
と想像しました。

 と、突然、小学2年生の時に描いた牛の絵が、地元の小中学生の優秀作品か何かになって
市役所かどこかに飾られ、賞状をもらったことを思い出しました。
 そのときの記憶をたどってみると、

   同級生に囃し立てられるのが恥ずかしいから、展示なんてしないでよ

という気持ちだったはずです。
ですから、あのときの自分に対しては、

   展示の「許諾」を求められたのではなく、展示するよ、という「報告」だっただろうな

などと考えて、一人で笑ってしまいました。

(2009年9月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中