◎減縮補正しての権利

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎減縮補正しての権利

◎減縮補正しての権利

 ある社長さんが考えたアイディアを、ディスカッションをして膨らませ、
特許出願し、審査請求をしました。
 社長さんのアイディアに対応した先行特許出願の存在を理由に拒絶理由通知がきたのですが、
 ディスカッションして膨らませたアイディア(構成要件を増やした)
に関する請求項には拒絶理由はありませんでした。

 そこで、
   権利範囲が狭くなっても特許が早く欲しいか?
   お金と時間が掛かっても、広い権利範囲を取得するために争いたいか?
という選択肢を提示させていただき、
その請求項に減縮補正して補正書を提出しました。

 しばらくして、その会社から
   あのアイディアは特許になったのですから、
   製造メーカにライセンス交渉に行きたい
とのこと。
 よく聞いてみると、権利範囲が狭くなって権利化された、ということを
全く認識されていませんでした。

 がっかりすされならこちらとしてはまだ良いのですが、
そうでない場合は、・・・ちょっと怖いです。


(2009年5月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中