◎誰のための仕事なのか

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎誰のための仕事なのか

◎誰のための仕事なのか

 ある企業の知財担当者からお聞きしました。

 進歩性については疑問があるものの、その企業にとってはビジネス上大事、
という判断の下で、ある弁理士さんに、出願の依頼をしたそうです。

 ところが、その弁理士さんは、

   進歩性がないから出願しても意味がない

と一歩も引かず、その担当者さんはうんざりしてしまった、ということです。
 びっくりしてしまいました。今時・・・

  弁理士を代表してお詫び申し上げます(代表できるような自分ではありませんが)、

と返答しました。


(2009年2月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中