◎中小企業への啓発は道半ば

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎中小企業への啓発は道半ば

◎中小企業への啓発は道半ば

 この時代に比較的元気なメーカ系の中小企業の取締役の方の力説をお聞きしました。

   特許制度は、売った後の発明では出願できないというのを何とかしてくれ!
 
という話。時々耳にする話です。

   売れるか売れないか、分からないものまで出願なんかしていられない。
   金がたくさん掛かるからだ。
   売れたという結果の出たモノだけに特許が欲しい。

という趣旨なのですが、私にはどうも傲慢に聞こえます。
 自由経済社会の中で、「独占」という権利を得ることができる制度を活用しようというのに、
リスクを自分で負わないのか?

 会社設立の際に、自社の登記をすることに手間や費用を惜しむ社長はいません。
また、その登記費用を補助する、といった中小企業の施策など、聞いたこともありません。

 特許出願などの権利取得について、中小企業であっても「当たり前の必要経費」として定着するには、
まだまだ時間が掛かりそうです。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中