◎拒絶理由通知に対応

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎拒絶理由通知に対応

◎拒絶理由通知に対応

 拒絶理由通知に対応する、という実務では、
コンサルティング手法で使われる「仮説検証」を知らず知らずのうちに繰り返していた、
ということに気付きました。

   このように限定補正をしたらどうだろうか、
   その補正に基づいて意見書を書くとしたら、どんな論理展開となるだろうか、・・・

 最初の仮説ですんなりと行ける場合には、仮説が合理的だったということ。
 いや、本当か?
 「すんなり行ける」ということは、何かを見落としたからではないのか?

 立ち止まってもう一度考えてみる、ということができるようになるには、
何が必要なのでしょう。

 経験でかなりの部分を補うことはできるでしょうが、経験のみでは限界があります。
 経験不足を補うのに、周りの交野智恵を含めていろいろな知恵が必要なのは、
コンサルティングと同じでしょう。
(智恵に関して、いろいろな面の「質」が異なるのは述べるまでもありませんが)


(2009年1月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中