◎バスを待つ後悔

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎バスを待つ後悔

◎バスを待つ後悔

 ある研究所での打ち合わせには、
最寄り駅ではないが交通に便利な駅からタクシーを利用しました。
その帰り、最寄り駅までなら歩いても行かれそうだ、と思い、
歩いてみたところ、予想以上に遠かったので、後悔しかけました。
が、幹線道路沿いだったため、バス停がいくつかありました。
 バス停の表示を見ると、タクシーに乗った駅が終点のようです。

  よし、バスに乗ろう。

 そう決めてバス停で待ってみたが、なかなかバスが来ません。
 ちょっと後悔し始めました。
 歩き始めたことの後悔、バスを待とうと決めた後悔、・・・
日常の小さな後悔を胸に、人間観察を始めて見ると。

 バス停には、お年寄りや主婦に混じってネクタイ姿のビジネスマンも。
 ビジネスマンは4人。
 お年寄りは病院からの帰りの様子。主婦の方々は買い物でしょうか?

 「庶民の足」とのキャッチフレーズはタクシーのものだったはずですが、
「日常生活」の一部としてタクシーを使うには高すぎます。
ビジネスマンの方々も、経費節約を厳しく言われてのバス利用なのかな・・・

(2009年1月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中