◎特許のみでは無価値

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎特許のみでは無価値

◎特許のみでは無価値

 経営者(社長)が高齢化し、後継者が育っていないという中小企業。
 このように後継者問題を抱える中小企業は少なくないでしょう。

 さて、ある技術系中小企業の社長さんは、が還暦を過ぎ、
引退を考えて、顧問税理士さんに相談したそうです。

  従業員を継続的に勤務させつつ、会社を引き継いでくれるヒトはいないか?

 その税理士さんは、
   この会社の競争力とは何か?
と考えました。
 その会社は、自社技術についていくつかの特許を取得していたが、
全ての発明は、その社長さんが発明者でした。
 また、現在の注文も、社長が自らアイディアを出して難しい注文をこなしています。

 そうなると、この会社の競争力は、
『社長の発想力、発明力』 であろうとの結論になりました。
 したがって、その社長が引退してしまっての会社売却は、無理があります。

 そう考え、その税理士さんは、
  社長、あなたが後継者を育成しない限り、引退はできませんよ。
と告げました。

  特許のみでは無価値であり、誰も買ってくれない、
  特許のみでは、魅力的な事業が維持継続できることまでを保証できない

ということを、改めて実感した事例でした。
 
(2009年1月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中