◎ホンモノ(者)を見極める(1)

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎ホンモノ(者)を見極める(1)

◎ホンモノ(者)を見極める(1)

 ある業界が混沌としたときなどに、違和感を覚える会社、組織、人物が
インターネットなどのメディアに登場することがあります。

   こいつ、ホンモノかな?

と疑問を抱いたとき、私の判断基準の一つに

   損得抜きに他人を育てているか

というものがあります。

 組織の運営上、やむを得ず、スタッフが辞めていくことはあります。
しかし、その辞めていったスタッフが、「あそこで育ててもらいました。」
と言うなら、「ホンモノ」かもしれないな、と思うのです。
(「反面教師として育った」という趣旨なら別ですが。)

 逆に、ある組織を辞めたスタッフが、その組織の悪口を言う、
その組織について口を閉ざすようでは、その組織および経営者たる人物には、
疑いを抱きます。

 さて、自分はどうなのか?
 もちろん、ホンモノになりたい、と思っています。


(2008年10月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中