◎発明届け出書の限界

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎発明届け出書の限界

◎発明届け出書の限界

 ある発明届け出書(発明支援ノート)をお預かりしました。
ある学習ツールなのですが、素材について言及されている箇所は
見あたらなかったので、それには触れずに、特許明細書の案を作成しました。

 すると、発明者さんが、

  どんな素材でも特許でカバーしたい、という意図なので、
  素材については何も記載しませんでした

とおっしゃいました。続けて、

  たとえばAを素材とすれば、こんなメリットがあるし、
  Bを素材とすれば、あんなデメリットが解消されるし、
  色々あります。

と説明が続きます。

  そういうことは、特許明細書に書いておかなければ
  権利主張をする際に不十分になります。
  発明届け出書に、できるだけ書いておいてください。

とお願いしました。
しかし、その発明者さんは、

  素材を限定したら権利範囲が狭くなるのではないのですか?

との疑問を口にされました。

 特許請求の範囲ではその通りですが、
「どんな素材でも権利範囲」と主張するには、不十分である虞がある、
ということは、なかなか理解していただけませんでした。

 発明届け出書には限界があるので、インタビュー能力が重要、
ということを、改めて感じました。

(2008年8月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中