◎法律の勝手な解釈とそのツケ

Top >  フィクション >  ◎法律の勝手な解釈とそのツケ

◎法律の勝手な解釈とそのツケ

 Z社の実質的な経営者であるA氏は、怒りの矛先をどこに向けたらいいのか
分からないくらい興奮して、顧問弁護士Bの事務所に訪れた。

A:「何の予告も無しに、許認可が取り消されたんです。
  許認可が取り消されたんでは業務は継続できません。
  こっちには従業員もたくさんいるのに・・・」

B:「まあ確かに厳しい処分ですから、予告は会っても良かったですね。
  でも、予告が必要とは、どこにも書いていませんので、
  そのことを取り上げて戦うことはできませんよ。」

A:「そうは言っても、女房に社長を譲っていたし、
  私は肩書きも外していたのに・・・。」

B:「Aさん、あなたは執行猶予が付いたとはいえ、実刑を受けたんですよ。
  実刑を受けたあなたが、形式的に奥様に社長を譲っても、
  実質的に経営者として振る舞っていたという客観的事実は、
  この相談に、社長ではなくあなたがいらっしゃったという時点で分かりますよ。」

A:「社長を辞めなさい、とアドバイスしたのはあんただろう。
  だから社長は辞めた。名刺も平社員だ。何が悪い!?」

B:「行政は『実刑判決確定後もあなたが実質的には経営者に居座っていた』
  ということに対して、制裁的な処分を下したのです。
  もう御社の業務は継続できませんから、実質的に倒産となります。
  私としては、Z社の倒産手続きのお手伝いをすることしかできません。」

 経験豊富なB弁護士であったが、自分勝手な法解釈を続けるA氏の興奮をなだめるには、
相当の時間を要するであろう。
 行政当局が、Z社の経営者は依然としてA氏である、という事実を押さえたのは、
Z社を取り巻く業界でも、業界規則に対しても勝手な解釈をして振る舞っていた
A氏に対する同業他社からの情報提供であろう・・・

(2008年7月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中