◎理由付けは実務に役立つ

Top >  弁理士試験 >  ◎理由付けは実務に役立つ

◎理由付けは実務に役立つ

弁理士試験の二次試験(論文試験)では、「理由付け」が重要ですね。
日頃の勉強においては、「反射的」となるまで理由付けを繰り返し暗記する、
ということも行っているかもしれません。


暗記というのは辛い作業(勉強)ですが、
理由付けをしっかり出来るようになっておくことは、実務で役立ちます。
 相手がいることを想像し、その相手を説得するために理由付けが必要なのだ、
という、ごく当たり前のところに戻ってみましょう。
 少しだけ、前向きに取り組めるようになりませんか?


 「実務でなんか、役立たないよ。」
という反論も聞こえてきそうですが、そういう方は、
知財の基礎知識がある相手としか、実務をしていないだけではないでしょうか。

 本当のことを言えば、実務に役立つ理由付けは、
教科書レベルよりももう少し言葉をかみ砕かなければなりません。
 しかし、かみ砕く言葉を使えるようになるためには、「基本」が重要です。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中