◎欲しいのは権利ではなく名誉か?

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎欲しいのは権利ではなく名誉か?

◎欲しいのは権利ではなく名誉か?

別の項で、ある企業の経営者から、以下のような質問を受けた話を書きました。

 「オレの経営哲学は、特許にはならんのだろ?!
  だったら、オレの経営哲学を本にしたい。
  その本に書いておけば、本の内容を真似したら、
  著作権違反になるのだろ?!。」


著作権違反にはならない、という答えをした後で考えました。
この方は、何を欲して本を出版したいと思ったのでしょうか?


料理の本の著者は、書かれている料理を普及させたいはずです。
普及するということは、その本が売れるということになり、
名誉も経済的なメリットも享受されます。


前記の経営者は、お金と名誉が欲しいと考えたのでしょうか?
本を著作することは、自己表現することです。
自己表現と自己顕示とは、似ていますが、同じではないな!
そう考えた次第です。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中