◎成長リテラシー&発展リテラシーver.2(あるパン屋の話-(1))

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎成長リテラシー&発展リテラシーver.2(あるパン屋の話-(1))

◎成長リテラシー&発展リテラシーver.2(あるパン屋の話-(1))

このコラムは、『成長とは量的拡大、発展は質の転換を伴う進歩 である』、
との教えを頂いた妹尾堅一郎教授に刺激を受けて書いたものです。
  妹尾先生による「成長と発展」についてのコラムはこちら ↓↓↓
  http://www.ntt.com/ict/trend/article/opinion/vol3/index.html


 ある田舎町にあるパン屋がありました。
そのパン屋は、主人Aと一人のパン職人Bが働いていました。

 主人Aは、
  「パンは、パンのためにあるのではない。
   美味しい食事のためのパン、お米のご飯に飽きた時のパン、
   お菓子の代わりとしてのパン、
   いろいろあるのだ。
   だから、食事が提供できなければパンだけでは意味がない。」
という考えを持っており、
調理師の免許を取得し、パンに合うコーヒーや
シチューなどを出す小さな喫茶店も、パン屋の片隅でやっておりました。

 一方のパン職人Bは、
  「俺はお客さんが注文するパンを作ればいい。
   どういう食事にそのパンを使うかは、お客さん次第だ。」
と考えており、常連さんの注文するパンを作っていました。

 主人Aが、
  「勉強になるから、あなたも調理師の勉強をしたらいいですよ。」
とパン職人Bに勧めても、興味を持ちませんでした。
 主人Aが留守の時に主人Aの分までパンを作ることはあっても、
喫茶店を手伝おうとはしませんでした。
 しかし主人Aは、興味のないことを強要しても仕方がないと考えているので、
このことで二人が衝突することはありませんでした。

 さてさて、田舎町のこと、喫茶店がいつも満席というほどお客も来ないのですが、
喫茶店の仕事とパン作りでは勝手が違うため、
主人Aは、どちらも同じくらいの時間を掛けて働いています。

 パン職人Bは、料理やら食材やらの勉強をする主人Aの姿を見て、
  本業のパンがもっと売れるように、営業してきてくれればいいのに
とあきれていました。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中