◎人と接する仕事(2)

Top >  天職 >  ◎人と接する仕事(2)

◎人と接する仕事(2)

 弁理士資格を取得してからは、職場では、人(発明者)と接する仕事を割り振られました。
 当時は人と接することへの苦手意識もあり、数多くの失敗を繰り返しました。
 生きていくには「苦手」ではすまされない、というプレッシャーが
重く感じられる時期は、短くはなかったようにも思い出されます。

 そのようなプレッシャーに負けないようになってきた頃、

   日本一靴の減る弁理士(を目指す)

という自分のキャッチフレーズを考え、自らを鼓舞しました。
 
 人に接することに対するプレッシャーは、現在ではかなり薄らいでいます。
 それは、人と接することで得られる喜びの方が大きい、ということが、
失敗の有無に関わらず、わかってきたからです。

 現在では、厨房に籠もる料理人ではなく、
カウンター越しにお客様と接することができる料理人を目指したいな、
と思い、実行しているつもりです。

 以上、「天職」というテーマにふさわしい内容だったでしょうか・・・

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中