◎営業コンプライアンス

Top >  フィクション >  ◎営業コンプライアンス

◎営業コンプライアンス

マンションに戻ると、ドアノブに差し込んだ鍵の感触がおかしい。
「あれっ? 開いている!」


慌てて中にはいると、閉まっているはずの引き出しなどが開いている。
   やられた! ピッキングだ!
そう直感して、軍手をはめる。犯人の指紋を消さないように、
とテレビドラマで見る光景に自分が入っていく・・・


足元を見ると、二つ折りにした不動産屋のパンフレットと名刺が一枚落ちている。
ここのドアには郵便受けがないから、ドアに挟んでいったのだろう。

   なんてことだ! こんなもの挟んでいくから、
   留守ですと泥棒に宣伝しているようなものじゃないか!


110番通報した後、名刺の不動産屋に怒りの電話を掛けたことは、
言うまでもない。

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

コンプライアンス  

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中